中身は薄い気もするけど初心者にはためになる「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」を買ってみた

中身は薄い気もするけど初心者にはためになる「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」を買ってみた

ちょっとWebマーケットとかライティングとか、そちら方面の勉強がしたくていろいろ探していたときに見つけたのがこちらの本

「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」

です!

実はこれWebページの書籍化で内容的にはWebに載っているものとほとんど変わりません。

がそのWebサイトになります。
上記サイトがそのまま書籍になっています。

各章の最後にまとめとして付録的に少し詳しい説明が入ったりしますが基本的にはWebの内容そのままです。ただ、Webだとなんか読んだ気がしない昭和生まれなのでやはり書籍を買ってしまいました。

書籍が届くとその厚さに驚くでしょう。

そして、読んでみたときその内容の少なさにまた驚くでしょうw

こう書いちゃうと悪口みたいになっちゃいますが、言い方を変えれば

めちゃくちゃ読みやすいのです!

ちゃんとストーリー仕立てになっていて、そのストーリーの中でライティングの大切さを語っていきます。

もっとも読み方としてはストーリー仕立てのところは斜め読みして、各章末に書かれている付録だけきちんと読むってのがおススメかも知れません(笑)

この章末の付録があるからこその書籍化なのかもしれません。

ぱーーーーっと読みやすいストーリー部分を読んだ後に読むから詳しい説明がスッと入ってくるんですよね。めっちゃ重要。

基本的にはWeb制作初心者向けってことなのでしょうが、ブログを書く人なんかにもおススメなんじゃないかと思っています。

SEOを意識したライティングとは…ということも語られていますので「なるほどな」と思う所はたくさんあると思います。なかなか自分のブログに反映させるのは難しいかもしれませんが気付きにはなるはずです。

ちなみにこの「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」はシリーズ第2弾で、シリーズ第1弾は

「沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション」

というWebマーケティングの本となっています。

実はこちらの本も買って読んだのですが、個人的にはあまり参考にならなかったです。

参考にならないというか、こちらは本当に内容が薄かったです。読みやすかったけど内容は薄かったです。入口としてはいいかもしれませんけど、自分で買うのはちょっともったいないかな(笑)

誰かが持ってるの読むんだったら楽しいかもしれません。

こちらもWebページがありますのでまずはこちらをごらんください。

ということで、シリーズとして2冊出ていますが、おススメは第2弾の

「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」

です。

とりあえずWebサイトを見てみるのが良いでしょう!
沈黙のWebライティング

雑記カテゴリの最新記事