Web向けゲームエンジン「PlayCanvas」がすごい

Web向けゲームエンジン「PlayCanvas」がすごい
PlayCanvasアプリ画面

幕張で行われている「InterBEE」で見かけたのですが「PlayCanvas」っていうWebベースで動くゲームエンジンがすごく面白かった。

【公式サイト】Webファーストゲームエンジン「PlayCanvas」

Web上で動く3D ゲームなどを制作できるアプリケーションで制作したアプリ自体もJavaScriptで吐き出されるのでスマホを含めWeb上でサクサクと動くということです。

デモを見ただけですが、アプリ自体は3Dキャラクターや3Dの超キレイな車(といってもかなりポリゴン数は抑えられていると思います)が軽快に動いていました。

インターフェースとかアプリケーション自体の思想はUnityに近いということを言っていましたので、Unityを使っている人ならとっつきやすいのかもしれません。

Unityでいうと他の3Dソフトで作ったモデルデータを取り込むときテクスチャーやらなにやらを貼り直す必要がありましたら、PlayCanvasはAutoCAD系のソフトで作ったFBXのデータならほぼほぼそのままインポートできるよとも言っていました。
(試してないのでなんとも言えませんが)

UnityのWebGL書き出しとの比較でいうと

容量の差は圧倒的!

だそうです。
もちろん、こちらはWebに特化したソフトだから当たり前と言えば当たり前ですが、JavaScriptをうまい具合に圧縮してるくれるそうです。

あ、あとJavaScriptの難読化(ソースコードを読みにくくすることで手軽に流用されない)も標準で持ってるらしいです。パラメータとか数値的なデータを見せたくない場合は他の方法もあるということで、そのあたりの事は相談になってくれるようです。

WebGLベースなので普通にWebに貼れるし、いろいろやればスマホのカメラにもアクセスしたり、Bluetooth機器へのアクセスもできるらしく、Web経由でBluetooth機器を操作することができるから、家のテレビをつけたり、ちょっとした「OK グーグル」もできるかもしれません。

そしてなにより、パーソナル版なら無料で全ての機能が使えるということなので、試さない手はありません。(と言って、本人はまだ試していません…)

調べてみるとつい最近できたソフトでもないようなので、もっと早く知りたかったと思っています。

近いうちに試してみて、使えそうだったらまた感想を書きたいと思います。

ヒデトモ
これでWeb作ったらちょっとインパクトあるし、ブログのネタにもなるかもな…。

デジタルものカテゴリの最新記事